本文へスキップ

IWATO SPECIAL NEEDS EDUCATION SCHOOL

TEL 046-839-4500
FAX 046-849-3200

〒239-0844 神奈川県横須賀市岩戸5−6−5

本校の教育Curriculum

岩戸養護学校グランドデザイン


PDF版はこちら
 

各部門・コースの紹介

肢体不自由教育部門(A部門)
 健康面・身体面・学習面などにおいて一人ひとりのニーズに沿った教育活動を行う。
 一人ひとりの自立と社会参加に向けた学習を積み上げる。
<教育目標>
 ・障害状況の改善に必要な知識、技能、態度、習慣を身につける。
 ・自己選択・自己決定に基づき自らの意思を反映した生活を送れるようになる。
 ・社会の中で自ら決定した役割を持って主体的に参加できるようになる。
 ・社会資源の情報を収集するとともにその活用方法を理解する。

A部門の授業の様子はこちら

知的障害教育部門(B部門)
 生徒ひとりのキャリア発達を促すために、集団活動の中で、それぞれが役割を担い、果たす過程を通して、責任、協力、思いやりをはぐくむ。
 また、ルール、社会規範の必要性を生徒集団が自覚できるようになる。

<就労支援コース 教育目標>
 ・すでに身についている基礎的な力を必要に応じて自分から応用して生活できる力をつける。
 ・賃金を得て働く職業生活に必要な実践的な知識、技能、態度を身につけるとともに、意欲、体力、人間性を向上する。

就労支援コースの授業の様子はこちら

<自立支援コース 教育目標>
 ・家庭生活や地域生活を快適に送るために必要な、基礎的な力を高める。
 ・「働くこと」を通して社会との関わりを持つ必要性を理解する。
 ・働くための基礎的な態度や技能を身に付ける。

自立支援コースの授業の様子はこちら

日課表

 肢体不自由教育部門日課表 (PDFファイル)

 知的障害教育部門日課表 (PDFファイル)

本校のSSE(Social Skills Education)について

 SSEとは、個人が持つ『活きる力』を育成することによって、QOL(Quality Of Life)の実現を目指すことをねらいとするプログラムの総称です。
 本校では、発達特性ゆえに自己理解等の難しさがある生徒に対し、生徒の自己肯定感を高め自立と社会参加を促すことを目的に、SSEを実践しています。

 <資料>
 「岩戸養護学校版SSE資料集」(神奈川県教育委員会E-提案制度研究成果物)
  ・SSEとは
  ・学習指導案(1年生)
   「良いところさがし」、「ふわっと言葉・ちくっと言葉」など
  ・学習指導案(2年生)
   「相手の気持ちを考えよう」、「言葉の伝わり方と受け止め方」など
  ・学習指導案(3年生)
   「なりたい自分を見つけよう」、「話し合いをしよう」など

 


学校いじめ防止基本方針

 学校いじめ防止基本方針(平成30年4月1日)

神奈川県立岩戸養護学校

〒239-0841
神奈川県横須賀市岩戸5−6−5
TEL.046-839-4500 (代表)
TEL.046-839-4502 (職員室直通)
FAX.046-849-3200
→アクセス