本文へスキップ

IWATO SPECIAL NEEDS EDUCATION SCHOOL

TEL 046-839-4500
FAX 046-849-3200

〒239-0844 神奈川県横須賀市岩戸5−6−5

学校案内About iwato

学校長挨拶

 神奈川県立岩戸養護学校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 本校は、横須賀市岩戸にある学校です。岩戸は横須賀市中心部から南方に位置し、緑豊かな自然環境に恵まれ、春には桜並木がとても美しいまちです。また、ICT技術の研究開発拠点である横須賀リサーチパーク(YRP)があり、最先端の研究施設が整備された地域でもあります。

 このような地域で、高等部単独の特別支援学校として、知的障害教育及び肢体不自由教育を行っています。


 本校は、「キャリア教育を推進し、生徒一人ひとりの「自立」と「社会参加」を実現する」を教育目標として、教育活動を推進しています。
 生徒一人ひとりが、自分の持っている力を最大限に伸ばし、地域社会の中でその一員として明るく、元気に希望に満ちた生活を送ることができるように、将来を見通した教育内容を十分に用意し、支援しております。特に、生徒がそれぞれの自立と社会参加の実現に向けて主体的に取り組めるよう、体験的な実習を充実させています。
 
 さて、最後になりましたが、この度4月1日付けをもちまして校長として着任いたしました藤本武(ふじもとたけし)です。
 本校の伝統を継承するとともに、多様化する社会の変化にも対応した、新しい教育活動の創造にも努めていきたいと思います。生徒には『毎日行きたい学校』、保護者には『毎日登校させたい学校』、地域の方々には『活用したい学校』をめざし、全教職員と共に、誠心誠意努力してまいります。
また、保護者の皆様、地域の皆様、各関係機関の方々と手を取り合い、一体となって、岩戸の生徒一人ひとりの生きる力を育てていきたいと考えています。
 今後とも、本校の教育活動に対し、皆様のご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。




沿革


 平成21年11月1日 初代校長 永合 秀行 発令着任 
 平成22年4月9日 開校式・第1回入学式挙行 
 平成25年4月1日 2代校長 嶋原 修一 着任 
 平成30年4月1日 3代校長 藤本 武 着任 

詳細は、以下PDFファイルをご覧ください。
岩戸養護学校の沿革(PDFファイル) 
      

本校の概要(平成30年度)

設置学部

高等部        

障害種別

・肢体不自由教育部門(A部門)
・知的障害教育部門(B部門)
 知的障害教育部門は、「就労支援コース」と「自立支援コース」の二つによるコース制となっています。

生徒数

肢体不自由教育部門 9名
知的障害教育部門 142名
  就労支援コース 110名
  自立支援コース 32名
    

校歌

作詞:武 律好  作曲:佐藤みほの
1.風薫る 光の丘に  
   桜の花 咲き誇り  
  岩戸の緑  心眩しく 
   我らも共に花になる 
  輝く青春 情熱抱いて 
   未来に向かって生きていこう
  輝く青春 情熱抱いて 
   未来に向かって生きていこう

2.風走る 岩戸の空に
   煌めく海 果てしなく
  光に溢れ 心嬉しく
   我らも共に夢抱く
  輝く青春 希望に満ちて
   未来に向かって生きていこう
  輝く青春 希望に満ちて
   未来に向かって生きていこう

作詞者 武 律好さんの歌声による校歌はこちら
校歌の楽譜データはこちら

校章

本校校章は、最背面にササユリ、その上にサクラの花びら、そして「岩戸」の校名を配しています。
「岩戸」の校名には希望・情熱・幸福・自然をイメージする濃緑を使い、柔らかな曲線が三浦半島の山々と海を、そして生徒・教員の互いの結びつき、さらには優しさを表しています。(制作者:居関孝男様)

学校運営

平成30年度学校目標
平成29年度学校評価

平成30年度不祥事ゼロプログラム
平成29年度不祥事ゼロプログラム検証結果

平成30年度学校説明会開催要項はこちら(参加申し込みは終了しております)


神奈川県立岩戸養護学校

〒239-0841
神奈川県横須賀市岩戸5−6−5
TEL.046-839-4500 (代表)
TEL.046-839-4502 (職員室直通)
FAX.046-849-3200
→アクセス